新県連会長選出に向け、党員投票による会長選挙要項・日程を告知しました。

 県連は、10月14日、昨年12月以来空席が続く県連会長を選出するため、党員投票による会長選挙を実施することを決定し、要項・日程を告知しました。県連に対し県民から厳しい目が向けられていることから、公正かつ公平で、開かれた方法により新県連会長を選出することが求められるとして、党員が参加する会長選挙・公選により選出することになりました。

 12日に県連会館で開催された県連最高委員会議において正式に方針を決定しました。


 党員投票による県連会長選出要項
H27.10.14 自民党山梨県連
○管理 県連会長選挙管理委員会              
委員長 森屋  宏 県連会長代理(H27.10.19辞任)
副委員長 堀内 恒夫 県連最高委員
委 員 赤池 誠章 県連最高委員 
委 員 中谷 真一 県連最高委員
委 員 堀内のりこ 県連最高委員
委 員 宮川 典子 県連最高委員
○日程 告示:10月21日(水) 開票:11月4日(水)
○選挙人 平成26年12月31日現在の県連所属党員 7,932人
○候補者資格 国会議員、県議会議員及び党籍を有するその経験者で、国会議員、県議会議員合わせて7名と、
地域・職域支部長合わせて7名、合計14名の推薦を受けた者とする。
○立候補届出 ・「立候補届出書」、「推薦書」、「所見(1,500字程度)」を告示日の午前9時〜正午の間に、
 県連会長選挙管理委員会へ本人が提出する。但し、選挙管理委員会が認める理由がある場合は
 代理者(推薦人)の提出も可とする。
・同一の者が複数の立候補者の推薦人となることはできない。
○選挙運動 立候補届出に際し、立候補者から所見の提出を受け、提出された所見を全党員に郵送する。
それ以外は原則禁止とする。
○当選者 ・有効投票数のうち最多得票者をもって当選者とする。
・立候補者が1人である場合は投票を行なわず、その者をもって当選者とする。
○結果報告 選挙管理委員会は、当選者を可及的速やかに「県連総務会及び支部役員合同会議」へ結果を報告する。