10月31日、県連は、昭和町・アピオ甲府において「県連総務会並びに支部役員合同会議」を開催し、去る10月21日告示の県連会長選出選挙で無投票当選した森屋宏参議院議員を正式に県連会長に選任することを承認しました。

 森屋県連会長は、会長代行に皆川巖県議、幹事長に臼井成夫県議、総務会長に浅川力三県議、政務調査会長に山下政樹県議、青年局長に永井学県議とする役員選任案を提案し、全会一致で承認されました。その他の役員の選任は森屋会長に一任されました。

 合同会議では、参院選必勝に向けての各種の取り組みを急ぐことを確認しました。