3月5日、都内で自由民主党定期党大会が開かれました。
 司会という大役を宮川典子衆議院議員が務めました。
来賓として公明党の山口 那津男代表 、日本経済団体連合会 榊原 定征 会長が駆けつけてくれました。
表彰が行われ、山梨県から優秀党員として、大杉正隆様、天野康則様、芦澤義文様、雨宮和彦様、優秀党組織として双葉支部、21世紀明るい社会をつくる会山梨支部、友好団体として保育推進連盟山梨県支部が表彰されました。
 安倍首相は「批判ばかりしていても何も生まれない。壁を打ち破ることはできない。私たちは結果を出していく」、「憲法改正の発議に向けて具体的な議論をしていく。それこそが自民党の歴史的使命ではないでしょうか」と演説し、会場から大きな拍手が沸き起こり、力強い演説で締めくくりました。
 そして、この党大会では、総裁任期の「連続3期9年まで」の延長が了承された。
 サプライズゲストとして、青山学院大学陸上部・原 晋監督、リオパラリンピックホイールチェアテニス銅メダリスト・上地結衣選 手、リオオリンピック柔道金メダリスト・ベイカー 茉秋選手、リオオリンピック卓球銅メダリスト・福原愛選手が来て下さり、ゲストスピーチ・トークで会場の皆さんを楽しませてくれました。
 また、前日には、全国幹事長会議、全国事務局長総会、全国青年部長・青年局長合同会議や全国女性局長・代表者会議、続けて全国青年部・青年局・女性局合同全国大会が開催されました。

<活動トップに戻る>