自民党山梨県連(会長・森屋宏 参議院議員)は1月5日、ベルクラシック甲府にて恒例の新年互礼会を開催しました。互礼会には、中谷真一代議士、堀内詔子代議士、宮川典子代議士と所属県議21名が出席しました。
 県連の課題とし臼井成夫幹事長から、観光立県として他県に遅れることなく、IR(統合型リゾート)推進法の調査・研究を進めていくこと。また、4月にはジャーナリストの桜井よしこさんを講師とし憲法改正を学ぶ講演会を開催することの報告がありました。 最後に一年間の結束を一本締めで確認しあいました。





<活動トップに戻る>