10月21日に自民党山梨県青年部・青年局が中央研修会を開催し、常任委員14名が上京しました。
午前は、防衛省の広大な敷地にある市ヶ谷記念館にて極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷として使用された大講堂などを見学。
党本部にて鈴木馨祐(けいすけ)党青年局長が「日本の現在の課題と2030年に向けた戦略」について講演し、昼食をともにしました。
 午後は、総理官邸を訪問し、ニュースでもよく目に触れる官邸記者会見室やエントランスホール、総裁室などを見学。
党本部にて茂木敏充政調会長が「安倍政権の重要政策」について講演、党本部を後にし、地元国会議員を交えての懇親会を開催し親睦を深めました。

鈴木馨祐青年局長 永井学県連青年局長挨拶

茂木政調会長と記念写真
<活動トップに戻る>