平成28年県連政経セミナーを開催しました。
 県連は、4月17日、アピオ甲府において、平成28年県連政経セミナーを開催しました。後藤県知事、安本公明党県本部代表、市町村長、議長をはじめ県下全域より800名を越える参加者を得て、盛会に開催することができました。
 政経セミナーは、高市早苗総務大臣と茂木敏充党選挙対策委員長のお二人を講師に迎え開催する予定でしたが、熊本県で発生した地震の影響で高市早苗総務大臣が来県できなくなり、政経セミナーの前に予定していた高市大臣と市町村長・議長との囲む会も急遽中止となりました。
 茂木選対委員長は、「今夏の参院選・山梨選挙区は激戦区。党として最重点区である。自公の安定政権か、民共合作の革新勢力にこの国を委ねるのかを国民に判断してもらう。保守王国山梨を復活させるため県連一丸で高野つよし候補予定者を応援して欲しい」等と、安倍政権の進めてきた経済政策などの実績とともに話しました。
 森屋県連会長は、「政権与党の自民党、公明党が山梨のために責任を果たしていかなければならない」。
 高野候補予定者は「経済が回復しなければ福祉や子育て施策は進められない。希望を生み出す強い経済づくりに全力で取り組んでいく」等と訴えました。
 また、県連最高委員で今夏の参院選・比例代表選挙公認候補予定(県連重点候補)の堀内恒夫参議院議員も支援をお願いしました。最後に参加者全員でガンバローコールで締めました。