県連と各種業界団体が連携し「元気やまなし絆の会」を結成しました。
 県連は、3月14日、アピオ甲府において、県内各種業界団体代表者と懇談会を開催しました。県連からは国会議員・県議会議員が出席しました。
 懇談会では、県連と業界団体の一層の連携強化に向けて新組織・「元気やまなし絆の会」を結成することになりました。代表世話人には、県中小企業政治連盟の松葉惇会長、世話人には、建設、医療、商工など約12の団体の代表者が選任されました。
 森屋宏県連会長は、「国会議員、県議会議員が一丸となって取り組んでいきます。各団体のお力添えをお願いします。」と今後の取り組みへの支援を求めました。
 今夏の参院選党公認候補予定者の高野剛県議は、地域経済活性化、エネルギー先進県づくり、子育て・暮らしの安心を「やまなし発 新3本の矢」として重点化していくとし、持てる全ての力を振り絞って取り組んで行きたいなどと話しました。懇談会には約150団体の代表者が出席しました。


江島国土交通省政務官(中央)と握手する堀内恒夫最高委員(参院選比例代表公認候補予定者)と高野剛副会長(参院選山梨選挙区公認候補予定者)
<活動トップに戻る>