県連は12月17日、後藤知事に対し平成28年度県予算編成に対する政策提言を行いました。
県連からは皆川巖会長代行、臼井成夫幹事長、浅川力三総務会長、山下政樹政務調査会長が出席し、後藤知事に提言書を提出しました。提言は、県連政務調査会各部会において各種団体などから寄せられた要望などを踏まえ、県政主要課題について協議を重ねました。公共事業費の確保や中小企業支援など地域経済の活性化を図ることなど4部会から41項目を求めました。
臼井幹事長は、県政、県民のためという思いでまとめた提言として是非検討をいただきたい」と述べたことに対し、後藤知事は「県民のために前進できる予算編成を進めたい」などと話しました。