後藤知事より平成28年度の山梨県の国に対する要望事項の説明を受けました。

12月1日、山梨県の「平成28年度国の施策及び予算に関する提案・要望」につい県連所属国会議員全員(森屋・赤池・中谷・堀内・宮川・堀内恒)で、後藤知事より説明を受けました。

衆議院会館内で開かれた説明会には各国会議員と後藤知事による活発な意見交換が行なわれました。本県の要望は、政府・自民党が進める地方創生に向けて、県への財政支援や政府関係機関の地方移転、少子化対策の充実強化など29項目にわたりました。

県連からは、皆川会長代行、臼井幹事長、山下政調会長が同席しました。