党本部に新執行部発足の報告と経済対策を要望しました。

県連は、11月12日、森屋県連会長ら執行部が党本部の谷垣幹事長、茂木選対委員長と面談し、新執行体制が発足したことを報告するとともに、山梨県内の厳しい経済情勢を踏まえ、「地域経済対策へ向けての要望書」を提出しました。

県連からは、国会議員の他、皆川会長代行、臼井幹事長、浅川総務会長、山下政調会長が臨席しました。

谷垣幹事長は、強固な県連組織再構築に向けて努めるよう、また、茂木選対委員長は、早期の参院選候補者決定を進めるよう述べました。

要望書では、「人口減少や個人消費の低迷、公共事業費の削減などで本県経済は大変厳しいことから、公共事業費確保や中小企業支援、消費喚起に繋がる補正予算編成の実現を求めました。