2015県議選必勝総決起大会を開催しました。
●2015年3月16日 2015県議選必勝総決起大会を開催しました 県連は、3月15日、アピオ甲府において、来月3日告示、12日投開票で行なわれる県議会議員選挙に向け、15日現在、党公認15名、推薦5名、計20名の全員当選を目指して必勝総決起大会を開催しました。
大会には、党本部から政務調査会長代理(元防衛大臣)の小野寺五典衆議院議員が来県、県連からは国会議員全員が揃うとともに、県下各地から400名が参加し盛大に開催しました。
森屋宏県連会長代理、赤池誠章文部科学政務官、中谷真一1区支部長、堀内のりこ2区支部長、宮川典子比例区支部長、堀内恒夫参議院議員の順に挨拶、国会議員が一丸となって全員当選に向けて全力を尽くしていく、などとそれぞれ話しました。
小野寺政調会長代理は、山梨の地勢は大きな可能性を秘めている。もっともっと素晴らしい県づくりができると確信している。県議選を勝ち抜き、自民党勢力を安定させ県民のために仕事をしていかなければならない。などと話すと共に、政府自民党が進めている地方創生をわかりやすく説明しました。
最後に、丹澤栄党看護連盟支部長の発声で、ガンバローコールを行い、気勢を挙げました。