県連は、3月6日、党本部で最高委員会議を開催し、4月3日告示、12日投開票で行なわれる県議選の対応を協議しました。会議には森屋宏会長代理、中谷真一・堀内のりこ・宮川典子・堀内恒夫最高委員(赤池誠章最高委員は公務により欠席)が出席しました。
森屋会長代理は、県議選の対応に国会議員の力を合わせて全力を挙げていきたい、などと話しました。会議では、公認。推薦候補者を新たに5名決定しました。また、3月15日の必勝総決起大会の運営等について協議を行ないました。